FC2ブログ

Cael の ぱぴ日記

ハッピーに暮らせますように  願いを綴った ぱぴ日記。

ヒヤシンスの水耕栽培

冷たい風が 強く吹いていますが

北国では暴風雪だそうで・・・

心が痛みます







💧 💧 💧





12月17日

今日から始めました
IMG_0773.jpg 
来年1月15日頃に 暖かいお部屋に連れてゆくまで

北側の 洗濯機のある窓際で待機させます

2年前使用した容器は あったのですが

育て方のURL

再び探すのは 一苦労なので

今回は 備忘の為に記しておきます。

IMG_0784.jpg 

球根の水栽培

水栽培用 ヒヤシンス

続きも⇣


※以下の文章を お借りしました






ヒヤシンスの水栽培時期ですが
11月から12月頃が 最も適しています

ヒヤシンスは暑さに弱い花

気温が高い時期に育て始めると、根腐れを起こしやすいので
寒くなってから準備を始めるようにしましょう。


また、低温な環境下で一定期間過ごさないと
芽や花が付きにくくなるのが特徴です。

そのため、秋から冬にかけて
水栽培を始めるのが良いといわれているのです。

出来るだけ冷気に当てるべきですが、
寒冷地などにお住まいの方は
雪や霜などが降らないように
管理には気をつけると良いでしょう。

基本的には12月頃までは外気に当てるような育て方を
すれば、間違いなく花を咲かせることができるでしょう。

花を咲かせるのは、ちょうど2月から4月の春先になります。
花が咲くようになったら、
花がらを毎日こまめに取り除くようにしましょう。

花がら摘みをすることで、長期間花を楽しむ事が
できるのです。

水栽培で使用した球根は使い回しができません。

花が咲き終わり葉っぱが黄色くなってきたら、球根を
地植えしてみると良いでしょう。

土の中で球根が大きくなる事ができれば、翌年も花を
咲かせてくれるはずです。


・・・・・・水耕栽培に適した球根・・・・・・
・クロッカス
・スイセン
・スノードロップ
・シラー
・ムスカリ

栽培方法
ホームセンターなどで球根と容器がセットに
なっているものが販売されているので、
まずはこれを購入して準備しておきましょう。

容器に水を入れて球根を置いたら準備完了です。
あとは根が出るまでの期間、涼しく暗い場所に
置いておくようにしましょう。

該当する場所がない場合、
アルミホイルなどを被せて遮光する

数日すると球根から白い根が見えてきます。

成長する度合いが見られるところが
水栽培の面白いところですね。

水は球根が腐らないように、週1回は取り替える
必要がありますが、その際
少しずつ水の量を 減らしていきましょう。

これは生えてきた根が水に浸かり過ぎていると
呼吸が出来なくなってしまうためです。

根の付け根が水に少し付くような感じで量を
調節すると良いでしょう。

ヒヤシンスは、
一定の低温に当てないと花や芽がつかない
という特性があります。

そのため秋から12月くらいまでは外において
冷たい外気に当てておくようにしましょう。

ヒヤシンスは日当たりの良い場所が大好きなので、
寒い季節でも日光がよく当たる場所に置いて
あげましょう。

寒冷地の場合12月は、気温が氷点下になったり、
降雪する場合もありますので天気を見ながら、
容器の水を凍らせたり、雪や霜がついたりしないように
管理をすると良いでしょう。



スポンサーサイト



web拍手 by FC2
[ 2014/12/17 14:02 ] 小さな庭~関東にて | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する